東芝メモリ 日米韓連合に売却へ

東芝メモリをどこが買収するのか注目されていますが、最終的には日米韓連合が買収することになりそうです。
船頭が多いのは非常に問題だと思うのですが・・・。

結局経営に失敗した東芝が主導権を握れる日米韓連合に売却することで、主導権を確保したいようです。
なおこの連合は、4,5社の日本企業、アメリカファンド、SKハイニックス、日本政策投資銀行と非常に多くの企業が参加します。

なお有力視されていたブロードコムは、リストラの懸念があるということで除外されるようです。
最後に鴻海が巻き返してくるのか注目ですが、2,3年後には鴻海が買収しているかもしれません。

 

[ソース:日刊工業新聞]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です