サムスン 次世代64層NANDフラッシュの量産開始

東芝メモリがどうなるのか混迷を深めていますが、シェア1位のサムスンは今年の2月に発表した第4世代のフラッシュメモリの量産を開始することを発表しました。
このフラッシュメモリは、64層の256Gbitで、1セル当たり3bitのデータを保持できます。

これでシェア2位の東芝との差がますます広がるのではないかと思われます。
できれば1社で東芝メモリを買収したほうが、サムスンに対抗し易いと思うのですが・・・。

963949_20170615143028_542_0001

[ソース:etnews]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です