総務省 ドコモとソフトバンクの固定回線セット割りについて調査

総務省はドコモとソフトバンクが実施している携帯電話と固定回線のセット販売が適切かどうか調査することを発表しました。
これはセットで契約することで、月額料金を値下げする行為が競争を阻害しているとの批判が光回線業者から相次いでいることが理由です。

現在実施している割引が、光回線の適正なコストを下回っていると考えており、行政処分の是非を検討するようです。
光回線も契約数が多くなれば、コストが削減できるのである程度淘汰が必要になると思います。
そもそも適正なコストはどのように算出するのか非常に難しく、あまりにも適正を重視すると結局料金が大幅に上昇する可能性もあります。

 

[ソース:nikkei]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です