サムスン 半導体プロセスのロードマップを発表

半導体の売上高のトップ3に位置するサムスンは、半導体プロセスのロードマップを発表しました。
最新のロードマップでは、2020年には4nmまで進むというスケジュールとなっています。

8nmは2017年、7nmは2018年、5nm/6nmは2019年というスケジュールで開発が進みます。
また18nmFD-SOIも2020年に開発が完了する予定です。

どんどん先端プロセスの開発が進む予定ですが、果たしてそのプロセスを使用できる製品が登場するのでしょうか?
流石にスマートフォンだけでは、このプロセスを使用して開発するには少し厳しいように思えます。

Samsung-Foundry-Forum2017_main_4

[ソース:samsung]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です