スマートフォンのディスプレイ 18:9が主流へ

昨年まではスマートフォンのディスプレイは、16:9のアスペクト比が一般的でした。
ところが大画面化の要求が高まり、18:9のアスペクト比が主流となる流れが出てきました。

業界筋によると、2017年の後半からは18:9の需要が急速に増加するようです。
LG電子のLG 6やGalaxy S8シリーズが既に18:9のディスプレイを採用しましたが、Huawei、Oppo、Vivo、Xioami、Appleもこれに続く用です。
galaxy_s8

 

[ソース:digitimes]