2017年5月第1週目 狙うべき乞食向けMNP携帯

5月最初の週末、そしてGWも終わりとなる週末ですが、あまり大きな動きはありません。
大手キャリアも5月向けに新しいキャンペーンを実施することもなく、淡々と既存キャンペーンを継続しています。
GW明けに動きが出て来るでしょう。

 

ドコモ
新料金プランを発表しましたが、シェアを組む必要がありました。
流石にシェアなしで980円を出すと、完全にMVNO潰しと取られるために避けたのかもれしません。
サブブランドのないドコモの対抗策と考えていいでしょう。
肝心のMNPは相変わらずの状況です。

1位:SO-01J

 

au
auも動きがありませんが、まずは決算発表に注目です。
ドコモの動きに対抗してくることはないと思うのですが・・・。
1年以上に渡り販売してきたGRATINA4Gも流石に在庫がなくなってきたようです。
SCV33とどちらを選択するのか難しいところです。

1位:GRATINA4G

 

softbank
最近本当に動くがありませんが、その変わりワイモバイルが激しく動いています。
MNPするならばワイモバイルにした方が圧倒的に有利でしょう。
ソフトバンクは完全に他社の後追いになってしまいました。

1位:iPhone7

Pocket

4 thoughts on “2017年5月第1週目 狙うべき乞食向けMNP携帯

  1. こんにちは。
    いつも有益な情報と面白い記事を拝見させていただいております。
    1つ質問がありコメントしました。
    docomoのデータ回線2回線分が今月満期になるので音声へ変更後にauへのMNPを考えています。この場合データから音声への変更時に継続契約期間がリセットされるようですが、この場合音声端末を新規契約後即解約した扱いと同じになるものと考えればいいのでしょうか?
    私見をお聞かせいただければ幸いです。

    • こんにちは。nananaさん。
      即解扱いにはなりませんが、現在ドコモは年間新規契約数でも管理しているようなのでそこだけ注意が必要です。
      こちらはよく条件がわからないのですが、ドコモにPIする年間の台数が決まっているような雰囲気です。
      ただし機種変更は除外されています。

      • 丁寧な返信ありがとうございます。
        なるほど、契約期間や契約時の同時契約数だけでなく、年間の新規契約数にも注意が必要なんですね。
        今後短期間で何件もドコモと契約することはないと思うので、POしてみようと思います。
        大変参考になりました。
        ありがとうございます。

        • こんにちは。nananaさん。
          ドコモは端末販売にあまり力を入れなくなて、どんどん価格が上昇しています。
          今後はサービスで収益を上げていくのでしょう。
          それにしてもブラックの条件が複雑すぎます。

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です