アップル アメリカでのiPhone7の販売に苦戦

アップルのQ2の決算では販売台数が前年同期比を下回る結果となりました。
今回CIRPがアメリカのiPhoneの販売台数を調査した結果、iPhone7の販売に苦戦していることが判明しました。
現在iPhone6sシリーズの所有率が34%と最も多く、iPhone6シリーズが33%、iPhone7シリーズは26%にとどまりました。

クックCEOはiPhone8の噂のために、iphone7の買い控えが起きているとのコメントをだしていましたが、実際のその通りなのかもしれません。

apple_iphone8

[ソース:9to5mac]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です