Qualcomm iPhoneのアメリカ輸入を差止めを計画

アップルはQualcommの特許のライセンス料が高すぎるとして、ライセンス料の支払いを拒否しています。
現在支払いを拒否しているライセンス料は10億ドルに及び、Qualcommは売上高の見通しを5億ドル下方修正する羽目に陥りました。
このためQualcommは比較的簡単に手続きできるITCに輸入の差止めを求める検討を開始したようです。

現在アメリカで販売しているiPhoneの大部分は、アジアなどで製造されているためもし輸入ができなくなると、事実上iphoneの販売がアメリカでできなくなります。
次期iPhoneの発売も間近に迫っていることから、もし次期iPhoneの販売ができなくなればアップルにとっては大打撃となります。

アップルも下請けイジメで有名ですが、スマートフォン市場の大部分を抑えているQualcommとの訴訟合戦がどうなるのか気になるところです。
features_of_snapdragon_processors_0_0

 

[ソース:bloomberg]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です