Huawei ストレージ問題について謝罪を発表

Huaweiの旗艦モデルであるHuawei P10に採用されたメモリの規格に複数のモデルがあることをHuaweiは認めています。

Huawei P10に数種類の規格のストレージが存在

Huawei P10のストレージ問題を認める

最新のUFS2.1からeMMC5.1までと3種類の規格のフラッシュメモリが使用されていますが、Huaweiはこれは気にならないほどの違いとのコメントを出していました。
さらにMate9でも同様のことを行っており、UFSの説明を削除するという愚策を行ってしまいました。
結局HuaweiのCEOは同社の怠慢を認め、タスクフォースを結成することを発表しました。
ただ、リコール等など実施することは発表していません。

Huaweiもグローバル企業となり、ユーザーが注目していることの反面だと思いますが、Huaweiはまだ中国企業特有の気質が残っていたのかもしれません。
今回の問題がスマートフォン市場にどのような影響が出るのか注目です。

ところでサムスンは流石に鍛えられていることもあり、Galaxy S8では全てUFS2.1を使用しています。

Huawei-P10-Plus-768x815

[ソース:retures]

Pocket

One thought on “Huawei ストレージ問題について謝罪を発表

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です