アップル P2P送金サービスに参入を検討

Apple Payで金融事業に参入したアップルですが、今度はP2P送金サービスへの参入を検討しているようです。
これはPayPalやVenmoようなサービスで、個人間での送金のやり取りを行えるものになります。

近年PayPal参加のVenmoが急成長してあることにより、参入を検討しているのではないかと思われます。
現在Apple Payの取引額は360億ドル程度と、当初予想の2700億ドルを大幅に下回っています。
よりスマートフォンの利用が高い、P2P送金サービスに参入することでこれを増やしたいのかもしれません。

image

 

[ソース:recode]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です