サムスン 2017年Q1のスマートフォンシェア1位を奪還

Galaxy Note7の問題で、2016年Q4のシェアを落としたサムスンですが、2017年Q1は1位を奪還しました。
今回1位を獲得できたのは、ミドル/エントリーモデルのGalaxy Jシリーズの好調のおかげのためです。

なお中国市場では、Q4に対して26%も減少しており、中国メーカは在庫の圧縮に取り組んでいるようです。

418855001491891008

[ソース:trendforce]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です