新Galaxy Note7はバッテリー容量を削減

サムスンがGalaxy Note7を改装し、再度販売する予定ですが、予想どおりバッテリー容量を削減してきました。
昨年発売したGalaxy Note7は3,500mAhのバッテリーを搭載していましたが、改良版は3,200mAhのバッテリー容量となりました。

Galaxy Note7の問題はバッテリーの問題もありましたが、容量を減らすことで筐体とバッテリー間のスペースを確保することで安全にするようです。
現在ベトナムなどで発売される予定ですが、先進国でも発売されるのでしょうか?
note-7-refurbish-4

 

[ソース:sammobile]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です