YouTube 一部コンテンツに対する広告を非表示へ

企業の広告停止が相次いでいるYouTubeですが、一部コンテンツに対する抗告を非表示にするそうです。
今回広告が非表示となるのは、視聴回数が10,000回未満のチャンネルです。
目的は不当に広告を得る目的で、既存の動画などをアップロードするようなクリエイターを除外するためです。

10,000回を超えると、Googleのポリシーに遵守しているか?などの審査が行われます。

 

[ソース:google]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です