フレキシブルバッテリーの量産開始

韓国の企業であるAMOTECHの子会社がフレキシブルリチウムイオン電池の性能試験を終えて、10月から量産に入るそうです。
容量は42,135,650,1,000,2,000mAhの6種類で、国際的な安全基準を満たしています。

最大の特徴は、ねじったり、切ったりしてもバッテリーを使用できる点です。
941276_20170406184327_755_0001
941276_20170406184327_755_0002

同様の技術はサムスンやLGも研究していますが、まだ量産には至っていません。
このバッテリーの用途は幅広く、今後様々な機器に搭載されることが予想されます。
既にスマートバンドやワイヤレスヘッド向けに信頼性テストが進んでいるそうです。

 

[ソース:etnews]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です