自己修復型スマートフォンディスプレイを開発

カリフォルニア大学のチームが、スマートフォンのディスプレイ向けに自己修復型のディスプレイ材料を開発しました。
これは伸縮性ポリマーとイオン性塩で作られているそうです。
さらにこの素材は電気を通すことができるので、スマートフォンのディスプレイに向いていると主張しています。
なおこの技術を用いた製品は、2020年までに登場する主張しています。

58e25da477bb701a008b5c6b-2200
58e26e8a77bb70f13a8b56f6-800

[ソース:businessinsider]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です