アップル iPadの重要性は低下

アップルがiPad Air2の後継機である9.7インチのiPadを発表しました。
ただ現在アップルの売上中で、iPadが占める割合は年々低下しています。
昨年は、アップルの売上のうちiPadが占める割合は10%を下回ってしまいました。
2017年Q1ではさらに7.1%まで下回っています。

ただiPadは子供の教育向けにも販売しており、この領域は重要な市場と認識しています。
今回アップルは399ドルという格安のiPadを発売しましたが、教育向けに299ドルのiPadを販売する計画があるよゔてす。

chartoftheday_8600_ipad_share_of_apple_revenue_n

[ソース:statista]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です