アップル 日本でのシェアが減少

Kantarが2017年1月までの3ヶ月間の各国のシェアを発表しました。
今回アップルのシェアが低下した国は、3カ国で日本、スペイン、中国です。
特に中国は-8.4%とついに20%を割り込みました。

日本も-0.8%の減少でしたが、相変わらず49.5%と高いシェアを維持しています。

2017-03-14_15_01_48-2017-13-mar-kantar-london_baro-1106-et.docx__read-only__-_microsoft_word_500x413

[ソース:kantar]

Pocket

4 thoughts on “アップル 日本でのシェアが減少

  1. ツイッターで「t大先生がアップルのシェアを減らす政策をいる」とトランプに凸してくれると助かるんですが

    • こんにちは。岸和田市民さん。
      最近T砲も不発気味のような気がします…..。
      乱発し過ぎると効果も半減してしまいます。

  2. 世界から取り残された、時代遅れ日本も、
    やっと追いつく兆候がでてるんですかね

    SDカードも使えない海外製の在日携帯を、
    高いお金出して必死で使ってる間抜けは、
    日本のユトリだけだと思います

    • こんにちは。123さん。
      SDカードが使用できないのは、かなり致命的と思います。
      アップルのクラウドを使用させる戦略だと思うのですが・・・。
      アップルのiPhoneの機能もAndroidに遅れを取っている現状を見ると、あまり革新的とも言えません。
      何よりも大手キャリアの超優遇政策が、普通の優遇政策に落ちたのが原因かもしれません。

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です