アップル 教育部門でもGoogleに敗北

教育関連は非常に強かったアップルですが、その状況が変わっていたことが判明しました。
2013年までは、アップルのiMacやiPadが大部分のアメリカの学校で使用されていました。
ところが2014年以降はGoogleのChromebookが急激にシェアを拡大しています。
続いてマイクロソフトも2016年にはアップルを追い抜きました。

Googleがシェアを拡大したのは、価格、ユーザビリティの面で競合を打ち負かしていることが大きな理由です。
さらにクラウドを使用することで、移行も容易になり、管理も簡単であることも大きな理由です。

image

 

[ソース:nytimes]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です