Huawei RAMは4GBで十分と主張

最近はスマートフォンに搭載されるRAMの容量がどんどん増加しています。
恐らく今年は4GBのRAMを搭載したスマートフォンが主流となるでしょう。

ところがHuaweiは、Kirin960に使用するRAMは4GBで十分と主張しています。
実際に6GBのRAMを搭載した他社のスマートフォンと比較しても、パフォーマンス上問題ないそうです。
問題はOSの最適化であり、これが上手くできればそれほど大きなRAMは必要ないとのことです。

難しいのは多数のアプリや大規模なデータを取り扱う場合、やはり大容量のRAMがあったほうがパフォーマンスがいいと予想されます。
ただスマートフォンでそのようなデータを取り扱うことがあるのかは疑問が残るところですが・・・。

 

[ソース:gizmochina]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です