Nintendo Switch早々に分解される

任天堂の新しいゲーム機であるNintendo Switchが発売されました。
早速iFixitが分解して解説しています。

まず最初にX線で撮影を実施しています。
sVSQj53UNxf6kBOTGLtqLoCBIGYkS4kJ

内部バッテリーはユーザーの交換は不可で、ヒートパイプを使用しています。
また32GBのフラッシュメモリは、東芝製でした。
kuGkQTMR6atCWRKtlWVZ6fbk4w2eMDyI

 

DRAMはサムスン製、無線通信はBroadcom製でした。
ikTQ6tTjHE4O6VbZMvJEDTUnxMS4Olqs

またコントローラーも無線通信はBroadcom製でした。
D2UjaDgs3XDWjFlPtWBtucIFSfywqGKe

 

iFixitは10段階で修理の容易性を評価していますが、今回8と評価しました。
これは比較的修理が容易であるとの評価です。

 

[ソース:ifixit]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です