高市大臣 サブブランドの動きに注視

各キャリアのサブブランドであるUQモバイルやワイモバイルが格安スマホのシェアを拡大しています。
これに対して、高市大臣はサブブランドに限らずMVNOが同等の条件で大手携帯電話のインフラを利用できることが重要であるとコメントしました。
そのため問題がないかを注視していくとコメントしています。

そもそも同じ条件で利用できれば、資本の大きいサブブランドがどんどんシェアを拡大していくと思うのですが。
ただそれでも利用料金が安くなれば、総務省の目的は達成したことになります。

 

[ソース:総務省]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です