各会社の10nmプロセスの歩留まりに苦戦

スマートフォンに使用されるチップは、既に10nmでの製造が開始されています。
現在サムスンとTSMCが10nmプロセスでの製造を実施していますが、いずれも歩留まり向上に苦戦しているようです。

TSMCの10nmプロセスは、歩留まり率が低すぎて量産効果によるコストダウンがあまりできていないようです。
MediaTekのHelio X30がこのプロセスを使用していますが、歩留まりが低いとMediaTekのCEOは不満を述べています。

一方サムスンの10nmプロセスは、Exynos8895とSnapdragon835の製造を行っていますがこちらも苦戦しているようです。
この影響でGalaxy S8の発売が遅れているのではないかと噂されています。

mm150731_umc

[ソース:digitimes]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です