SKテレコムの量子暗号化技術がNokiaの伝送装置に搭載

SKテレコムが開発した量子暗号化技術をNokiaの次世代光伝送装置に標準搭載されることを発表しました。
量子暗号化技術は、最も安全なセキュリティシステムを言われており事実上盗聴は不可能と言われています。

今回MWC2017でノキアのネットワーク技術と組み合わせた量子伝送システムのデモにも成功しました。
ただし現在の技術ではスマートフォンなどに量子暗号を生成するのに重要な乱数発生器を搭載するのは難しい状況です。
そのため、今後より小型の乱数発生器の開発を2017年上半期に終了し、年内に商用化を行う予定です。

この技術は、今後軍事・経済・科学等に非常に重要になる技術です。
世界各国が開発を進めている状況なので、今回のSKテレコムの発表でさらに開発が加速するでしょう。

 

[ソース:zdnet]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です