Xiaomi 2月28日に自社開発CPUを発表

トップのスマートフォンメーカーが続々と自社開発のCPUを行うなかで、Xiaomiもついに自社開発のCPUを発表するようです。
XiaomiはPinecone CPU V670とV790を開発しています。

Xiaomi 自社製チップを発表

V670はエントリーレベル向け、V790はハイエンドモデル向けのチップとなるようです。
ただしV790は2017年末まで市販されないようです。
またこのチップはサムスンの10nmプロセスで製造されるようです。

同時にXiaomiは、新しいエントリーレベルのスマートフォンを発表するようです。

ただ最近中国のでのシェアを落としているXiaomiは、CPUを自社開発する意義があるのか疑問です。
サムスンやアップルやHuaweiのように大量に販売する場合は、開発費用も回収できるのですが、果たしてXiaomiは大丈夫なのでしょうか?

 

[ソース:digitimes]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です