サムスン Galaxy S8でバッテリー戦略を転換

サムスンはGalaxy S8でバッテリー戦略を転換するようです。
Galaxy S8では新たに村田製作所からバッテリーを調達することになりました。

サムスン 村田製作所からバッテリーを調達

これにより、Galaxy S8のバッテリー調達先から中国のALTが外れることになります。
村田製作所のバッテリーはソニーから買収したソニーが担当しており、この会社は低エネルギー密度のバッテリーを開発しています。
現状のバッテリーのトレンドは、高エネルギー密度のバッテリーにシフトしていますが、これらのバッテリーを使用する際は安全性に気を配る必要があります。
一方低エネルギー密度のバッテリーは比較的安全とされています。

サムスンはGalaxy Note7の発火原因をバッテリーが原因と報告したことで、低エネルギー密度のバッテリーを使用する決断を下したようです。
そのためGalaxy S8では大型化が進むにもかかわらず、バッテリー容量はGalaxy S7と同等の3,000mAhにとどまるようです。

グループ会社のSDIから調達するバッテリーについては、全ての製品についてX線検査を実施することで安全性を確保するようです。

galaxy_s8-930x775

 

 

[ソース:zdnet]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です