固定電話がユニバーサルサービスを降りる時

NTTの社長が決算発表で、固定電話のユニバーサルサービス義務について、議論が必要という問題提起を行いました。
既に固定電話の使用者はどんどん減少しており、果たしてその状態でコストを掛けてユニバーサルサービスを維持すべきかということになります。

これに対して高市大臣は、現状では必要と考えているが将来的には議論が必要とのコメントを発表しました。
ただし現状ではまだ固定電話がユニバーサルとして必要との考えのようです。
固定電話を使用する人が減れば、ユニバーサルの意味もなくなるのでしょうが、災害などの時にどのように対応するの検討が必要になるでしょう。
携帯で衛星まで電話が安価に利用できるようにならば、一気に廃止への議論が進むかもしれません。

 

[ソース:総務省]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です