iPhone8のコストを予想

調査会社のIHSによるとiPhone7のコストは32GBモデルで224.8ドルでした。

アップル iPhone7 原価上昇へ

iPhone8では様々な新技術が導入される予定ですが、その中でも最も価格が高いのがOLEDです。
既にアップルはサムスンを含む数社にOLEDの調達のための契約を締結しています。

アップル サムスンと5兆ウォンの契約

この契約内容から、ディスプレイのコストは大幅に上昇し70ドルあたりになると予想できます。
なおiPhone7のときは43ドル、iPhone6sPlusは52ドルでした。
プロセッサーのコストも10~20%上昇しています。
ただその他のコストについては横ばいか若干低下します。
またiPhoneシリーズの原価率は30~34%程度です。
以上から、iPhone8の32GBモデルはや750ドル~820ドルの間と推定できます。
日本円換算の場合、約85,000円~94,000円の間です。

ただし他にも新しい技術を導入した場合、さらにコストが跳ね上がるので一番安いモデルでも10万円を導入超える可能性はありそうです。
image

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です