池袋と新宿探検 2017/02/11

2月も2週目に入りましたが、相変わらずの状況です。
学割キャンペーンも今年は控えめで、その他の大規模なキャンペーンもないようです。
ただし店舗独自の小粒キャンペーンはいつか実施されています。

LABI1日本総本店
少し売り場が変更になっており、ソフトバンクがAndroidに力を入れだしてように見えます。
ただソフトバンクユーザーは圧倒的にiPhoneユーザーが多いのでなかなか厳しいのではないでしょうか?
狙いは格安Simに流れるユーザーの引き止めでしょうか?

ソフトバンク:9人
au:12人
docomo:6人
でした。

 

ビックカメラ池袋店
珍しくSIMフリーの端末を購入しようとしているお客さんがいました。
ただ長々と話していたので、実際に購入したかは不明ですが・・・。
ここは相変わらず混雑なしの状態ですが、常にSIMフリーの契約カウンターはお客さんがいます。
まだまだ需要があるのは間違いないでしょう。

ソフトバンク:3人
au:5人
docomo:5人
でした。

 

感想
2月も中旬に入りましたが、盛り上がりに欠ける状況がつづいています。
ドコモは購入サポート付きの処分売りを実施していますが、その他のキャリアは様子見状態です。
ソフトバンクは乗り換えで優遇キャンペーンを実施していますが、効果はどの程度あるのでしょうか?

一方最近動きが見えないのがauです。
現状ではユーザー獲得はUQにまかせて、auは転出をしないような戦略に出ているのかもしれません。
それ以前に総務省の規制のためなかなかCBが投入できないのかもしれませんが・・・。

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です