ソフトバンク Androidに力を入れだす

ソフトバンクグループのヤマダ電機ですが、Android機種に力を入れだしたようです。
量販店でのソフトバンクは、iPhoneに力を入れています。
そのため通路側の展示場はほぼiPhoneのみだったのですが、今週からLABI1日本総本店で少し状況が変わってきました。

まだ目立つ入り口にiPhoneではなくAndroidのポップを表示しています。
また店内でも目立つところにAndroid機種のポップが貼られていました。

ただそろそろ型落ちとなりそうな機種が多かったので、単純に在庫処分かもしれません。
国内通信で苦戦しているソフトバンクとしては、ユーザーの獲得に力を入れたいのでしょうが・・・。

20170211_001

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です