中国 2016年Q4のトップはOppo

調査会社のIDCが2016年Q4の中国市場のシェアについて発表しました。
今回トップを取ったのは、前年4位のOppoでした。
2位はHuawei、3位はVivo、4位はアップルでした。
特に1位のOppoと3位のVivoは大幅に販売台数を増加させました。
image

 

2016年では1位Oppo、2位Huawei、3位vivoの順でした。
ここでもアップルとXiaomiは販売台数を落としています。
アップルはiPhone8の発売待ち、Xiaomiはハイスペックの低価格スマートフォンを販売するOppo、Vivoなどに敗北したようです。
image

 

[ソース:IDC]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です