EU Asusを含む複数のメーカーに対して価格操作で調査

欧州委員会はAsusを含む複数のメーカーがインターネット販売で価格操作を行ったとして調査を開始することを発表しました。
今回の対象はインターネット上の販売方法に関するで、ゲーム、ホテルの価格、家電製品に対して行われます。

家電製品
価格を競合他社の小売価格に自動的に追従させるソフトを使用していたことが問題視されています。
調査対象の会社は、Asus,Denon & Marantz, Philips,Pioneerです。
これは小売業者が自由に価格を設定する行為を制限したという疑いです。

ビデオゲーム
対象はゲーム配信プラットフォームとゲーム会社が対象です。
ゲーム会社はバンダイナムコ、カプコン、など日本メーカも含まれています。
これは消費者の居住する国に応じてゲーム購入を制限したことを問題視しています。
これによりEU内の競争を妨げた可能性があるとの指摘です。

ホテルの価格
消費者が国籍や居住国によって差別される条項が含まれていることを問題視しています。
旅行業者などが提供する価格を妨げることが問題となっているようです。

 

[ソース:EU]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です