セキュリティ会社のカスペルスキー・ラボの統括者が反逆罪で逮捕

ロシア最大のセキュリティ会社であるカペルスキー・ラボのコンピューターインシデントの統括者であるルスラン・ストヤノフ氏が反逆罪で逮捕されました。
さらにロシアの諜報機関であるFSBの部門責任者のセルゲイ・ミハイロフ氏も同様の調査で逮捕されたそうです。

ルスラン氏は昨年もロシアの法執行機関と協力して、サイバー犯罪組織50人の逮捕に貢献する働きをしていました。

[ソース:arstechnica]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です