シャープのアメリカでの液晶工場は相当難しい

トランプ大統領の工場をアメリカに建てるという目標に沿って、色々会社がアメリカに工場を建てるとコメントしています。
ただし実際に行動を起こすとは思えないのですが・・・。

鴻海もアメリカに液晶パネル工場を建設するとコメントしましたが、現実には相当厳しいことがわかってきたようです。
液晶パネルを製造するためには、ガラス基板、変更素子、バックライトなどの様々な部品が必要となります。
現在これらの部品工場は日本・韓国・中国・台湾に位置しています。
液晶パネルメーカーの工場の大部分がアジアにあるのは、これが1つの理由です。

一方アメリカに工場を建設した場合、これらの部品メーカーもアメリカに工場を建ててもらう必要があります。
さらに大型ガラスもすぐそばに建設する必要がありますが、ガラスを製造する工場はアメリカにほぼ存在しません。

鴻海だけでこれらの工場を建設することは不可能なので、実質鴻海がアメリカに工場をアメリカ建設するのは相当厳しいでしょう。
日本でも以前兵庫県に大義母なバネル工場を建設した会社がありましたが・・・。

 

[ソース:digitimes]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です