シャープがサムスンへの液晶バネルを停止した理由

シャープはサムスンへの液晶パネルの供給を停止しました。
このためサムスンはLGなどから液晶パネルを調達する羽目になってしまいました。
理由は色々あるようですが、鴻海の力を借りて再度世界市場に打って出るのが目的のようです。

シャープのこの行動に対して、サムスンは約490億円の賠償請求を求める仲裁を申し立てました。
このサムスンの行動に対して、郭台銘氏はサムスンとは価格の合意ができなかったためパネルの供給を止めたとコメントしています。
現在液晶パネルの価格は上昇しており、妥当な価格でサムスンが購入すれば、供給を再開することは可能とのことです。

ただし、このコメントはサムスンの要求を再開躱すための方便でしょう。
シャープはわざわざ鴻海のライバルのサムスンに、液晶パネルを供給することはないでしょう。

 

[ソース:setn]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です