サムスン Galaxy Note7の爆発原因を発表

サムスンは正式にGalaxy Note7の爆発の原因について発表しました。
原因はバッテリーによるものだそうです。
リコール前のバッテリーにもリコール後のバッテリーにもいずれも問題があり、結果的にリコール後でも問題が継続したそうです。
A社(サムスンSDI)のバッテリーでは、バッテリーの内部の負極が折れ曲がっており、さらに負極の配置ミスがあったそうです。

一方リコール後のB社(ATL)では、正負の電極が接触してしまう溶接があり、さらに断熱テープがないものも存在したそうです。
なおA社とB社の問題発生割合は不明だそうです。

Galaxy-Note7-What-We-Discovered-Infographic_Main_1

 

[ソース:samsung]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です