サムスン Galaxy Note7の爆発原因が判明

すでに昨年の時点でサムスンのGalaxy Note7の爆発原因についての結論は出ていたのですが、詳細は1月に公表される予定でした。
サムスンは1月23日頃に原因を公表する計画のようです。

Galaxy Note7の爆発原因は、設計ミスとソフトウェアの問題による複合的なものだったそうです。
まず狭いスペースにバッテリー容量を増やしたことで、バッテリーに負荷がかかりやすくなりました。
このような場合、本来ならばソフトウェアで電源を遮断するはずがうまく機能せず、結果的に爆発してしまったようです。

また防水対応にしたことにより、放熱特性も悪化しバッテリーの温度が急激に上昇する要因にもなりました。
なお民間及び政府の専門家も、ソフトウェアに問題がなければこの問題は防げたとの指摘をしているそうです。

[ソース:chosun]

Pocket

One thought on “サムスン Galaxy Note7の爆発原因が判明

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です