Google Play 売上が急増

Google PlayとApp Storeの2016年Q4の売上判明しました。
アップルは前年の3.4億ドルから67%増の5.4億ドル、一方のGoogleは1.8億ドルから3.3億ドルと82%増でした。
q4-2016-app-revenue-growth

 

2016年のゲーム以外のアプリのダウンロード数は、アップルではMessenger、GoogleではFacebookでした。
面白いのはアップルではYouTubeが4位にランクインしているのに対して、Googleではトップ10に入りませんでした。
2016-top-apps-by-downloads

 

一方売上で見ると、アップルはSpotify、GoogleではLINEがトップとなりました。
これらのアプリはダウンロード数ではトップ10入りできなかったのですが、うまく売上を伸ばす仕組みを取り入れているようです。

なお2016年Q4だけの売上を見ると、アップルではNetflixが1位、2位にLINEがランクインしました。
2位のLINEは日本の影響でしようか?
q4-2016-top-apps-by-revenue

[ソース:sensortower]

Pocket

2 thoughts on “Google Play 売上が急増

  1. Google PlayでYoutubeがランクインしないのはプリインストールされているのが当たり前だからだと思います。
    Googleのプリインストールの要求はGoogle提供アプリの数だけだったと思いますが、Youtubeを外す端末というのはないですよね。

    LINEの売り上げはほとんど日本だと思いますが、ずいぶんあるのですね。

    • こんにちは。icさん。
      プリインストールは非常に重要なのは間違いないようです。
      確かに既に使えるアプリがあるならば、その他のアプリを探そうとしませんから・・・。
      LINEはほぼ日本でしょうが、収益を上げる方法を考えたのはさすがです。
      ただしこれの方法が世界的に受け入れられるかは疑問ですが。
      やはり売上の大部分はスタンプなのでしょうか?

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です