アップル MacBook Proのバッテリー問題について報告

アップルのMacBook Proをテストしたコンシューマーレポートは、バッテリー問題がありMacBook Proを推奨しないという報告を出しました。

コンシューマーレポート MacBook Proのバッテリーを非難

アップルはこの結果について調査を行い、今回の結果を発表しました。
今回の根本的な問題は、Safariのバグとのことです。
ただし普通に使用する分には問題ないそうです。

コンシューマーレポートでは、正確に動作を再現させるためにブラウザのキャッシュ機能を含むいくつかの機能を無効にしていました。
キャッシュの機能を無効にすると、Safariのバグが原因でアイコンを読み込む際に断続的にリロード発生するそうです。

コンシューマーレポートは、このバグを修正したソフトを入手し再度テストを実施するそうです。
ただもともと多くのユーザーがバッテリーの寿命問題について指摘しているので、実際にこれだけが原因かはまだ不明です。

image

[ソース:consumerreports]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です