LG スマートフォン不振でQ4は赤字に転落

LG電子は2016年Q4の暫定業績を発表しました。
それによると営業損失が353億ウォン(約34億円)となり赤字となりました。

最大の原因はLG G5の販売不振で、この事業を統括するMC事業部が大幅な赤字に陥ったことです。
この事業部だけで、約4,000億ウォンの損失を出したと推定されています。
ただし年間では1兆ウォンを超える営業利益となっています。

LG電子も他で稼いだ利益をスマートフォンで食いつぶしている状況です。
今年はLG G6が発売されますが、もしこのモデルが失敗するとスマートフォン事業は相当厳しい立場にたたされることになります。

 

[ソース:zdnet]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です