2017年Q1のスマートフォンは弱め

いよいよ2017年が始まりますが、中国の一部スマートフォンメーカーは2017年Q1の部品発注を減らし始めたようです。
特にHuawei、Xiaomi、LeEcoなどが発注を減らしているようです。

これはハイエンド・ミドルレンジのスマートフォンの売れ行きが鈍化していることが影響しているようです。
Huaweiは2016年に急激に成長した反動、XiaomiはQ3,Q4の販売台数が予想を下回った影響、LeEcoは財務的な制約のようです。
いずれにして各スマートフォンメーカーがかなり慎重になっているのは間違いないようです。

 

[ソース:digitimes]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です