アップル iPhone6sのランダムシャットダウン問題が深刻化

アップルのiPhone6sで発生しているランダムにシャットダウンする問題は、比較的限定された台数であると思われていました。

アップル iPhone6sのシャットダウン問題に対応

もともとの原因は、バッテリーを製造する段階で長時間空気に触れたことによりバッテリーの劣化が加速したことによるものと説明していました。
ところが今回の対象外の製品からも同様の報告があり、アップルは調査用のソフトを組み込んだiOSをリリースすることを決断したようです。

内部に問題が発生した場合に、電源を落とす処理が組み込まれているそうですが、これが原因か不明だそうです。
そのため調査用のソフトウェアをインストールし、情報を収集して対応を検討することにしたようです。
image

[ソース:apple]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です