アップル A12チップをIntelに発注の可能性

来年いよいよトランプ氏が大統領に就任します。
トランプ氏は保護貿易へ舵を切ることを明言しており、既に数社の企業のアメリカ国外への工場の移転を阻止しました。

既にアップルに対してもiPhoneの製造をアメリカで実施させるべく圧力を掛けているようです。
現在アップルの重要なチップであるAシリーズは、台湾のTSMCと韓国のサムスンが競争して受注合戦を繰り広げています。
最近はTSMCが優位になっていますが・・・。

ここにアメリカの企業であるIntelに製造を担当させようと圧力を掛けてくる可能性が指摘されています。
ただし来年発売のiPhone8は既に開発も進んでいるため、その次のA12あたりが対象になるのではないかと予想されています。
コスト面、性能、歩留まり等を考えると、intelと言えでも容易に受注できないと思います。

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です