サムスン FinFET量産技術で特許訴訟

サムスンは韓国科学技術院(KAIST)から先端プロセスで使用するFinFET構造の量産技術について、特許侵害で訴訟を起こされました。
既に大手Fabメーカーのグローバルファウンドリーズに対しても訴訟を起こしており、今後TSMCやアップルに対しても訴訟を起こす予定だそうです。

なおインテルは既にライセンス契約を締結しており、ライセンス料の支払いを行っています。

 

[ソース:theinvestor]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です