iPhoneはAndroidよりも安定していない

Blancco Technology GroupがiPhoneとAndroidのクラッシュ率を発表しました。
まずテストしたiOSデバイスの65%がクラッシュしたそうです。
一方Androidは47%にとどまりました。
ただし調査のタイミングがiOS10がリリースされした後のため、アプリなどの対応が不十分だった可能性があります。

iOSでの各アプリのクラッシュ率は、Instgramが14%、Snapchatが12%、Facebookが9%となっています。
ios-crashing-apps

 

またiOSの故障率ですが、iPhone6が13%、iPhone5sとiPhone6sが9%、iPhone6Plusが5%、iPhone6sPlusが4%でした。
故障の内容は、オーバーヒートが17%、アプリの問題が15%、ヘッドフォンの問題が11%でした。

Androidの故障はサムスンが11%とトップでした。
モデル別ではLeECO Le2が13%でトップ、その後Xiaomiのモデルが続きます。
android-failure-rates

 

[ソース:BGR]

Pocket

One thought on “iPhoneはAndroidよりも安定していない

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です