スポンサーリンク

スポンサーリンク

JDI 液晶ディスプレイで勝負

来年はアップルが有機ELを採用するということで、ディスプレイメーカーは有機ELの製造に力を入れだしました。
現在サムスンの1強体制となっていますが、中国メーカーも後を追っています。

ところがJDIは液晶技術をさらに強化する方針を固めたようです。
液晶と有機ELを比較した場合、液晶唯一の弱点は曲げられないことでした。

このため曲げられる液晶ディスプレイに力を入れ、この弱点を克服する目処がたったそうです。
17年には狭額縁の異形状、18年にはベンダブルタイプのシート型液晶、19年にはフレキシブルに対応するそうです。

アップルが有機ELを採用するということで、ディプレイメーカーが軒並み有機ELにシフトしていますが、本当に有機ELがスマートフォンに必要なのか疑問です。
単純に宣伝のために採用するとなれば、もしかするとJDIの一人勝ちもあるのでしょうか?

 

[ソース:newswitch]