サムスン Galaxy S8はフルモデルチェンジレベル

サムスンのGalaxy S8はハードもデザインも大きく変更するそうです。
Galaxy S7では既存の部品の流用に重点をおいた設計が行われましたが、Galaxy S8は新規開発の技術や部品を積極的に採用するそうです。

現在確認できている新機能は以下の通りです。

1.フルスクリーンディスプレイ
完全にベゼルなしのディスプレイを採用するそうです。
Galaxy Note7では、左右のベゼルがないディスプレイを採用しましたが、さらに一歩進めるようです。

2.物理的なホームボタンの削除
これは以前から噂されていたように、ディスプレイにホームボタンと指紋センサー機能を取り込むようです。
ただし実装が難しいことから、背面のボタンも検討しているようです。

3.デュアルカメラ
Galaxyシリーズで初めてデュアルカメラを採用します。
これはフロントもリアも両方デュアルカメラになるようです。

4.OLEDのアップグレード
新しいタイプの材料を使用したOLEDディスプレイを採用するようです。

5.無線充電のアップグレード
充電コイルが2つから3つに増加されます。
これでより効率良く充電できます。

 

かなり新しい機能を取り入るようですが、Galaxy Note7で発生した発火問題の原因は特定できたのでしょうか?
Galaxy S8でも再度同様の問題が発生すると、致命的な状況に陥ることになります。

[ソース:etnews]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です