Apple Watch不振でパリの売り場を閉店の噂

2015年に登場したApple Watchですが、販売不振のためパリのギャラリーラファイエットの売り場を閉店するという噂が立っています。
Apple Watchは高級品という位置づけで伊勢丹新宿店などの高級百貨店に展示場を作りました。

残念ながら当初予想したような成功を収めることができずに、高級品という位置づけも得ることができていません。
そのため百貨店の売り場を閉鎖することを決断したようです。
日本の量販店でもApple Watchを見ているお客さんは皆無の状態なので、仕方ないでしょう。

hero_medium

[ソース:mac4ever]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です