ソフトバンクと東京ガス LTEカテゴリー1を活用した実験を開始

ソフトバンクはと東京ガスは、東京ガスが低消費電力LTE通信端末を活用したガスの消し忘れ見守りサービスの共同実証実験を開始することを発表しました。
今回LTEのカテゴリー1という規格を使用し、ネットワーク側は最新の標準規格リリース13に対応することで、電池駆動で10年以上の稼働を実現できるそうです。

なお実証実験は2016年10月から2017年3月までの6ヶ月間実施し、東京都内の約500戸で行います。

index_pic_01

[ソース:softbank]

Pocket

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です