スポンサーリンク

スポンサーリンク

ヤフー アメリカ情報機関の要請でメール内容を監視

アメリカのヤフーが情報機関の要請で、自社のメールサービスの内容を監視していたことが暴露されました。
この決断を下したのは、CEOのメイヤー氏でこれに反発して多くの社員が退職したそうです。

ヤフーは監視するために専用のソフトフェアを開発しましたが、ハッカーがこのバックドアを利用して電子メールにアクセスした可能性もあるようです。
IT関係の会社は、政府の情報機関の圧力に抵抗していましたが、ヤフーはこれに屈したことになります。

[ソース:theguardian]