総務省 回線料値下げ要請

総務省はMVNOが大手携帯電話会社から回線を借りるときに支払う回線料の値下げを要請することを決めたようです。
10月をめどに有識者会議を設置し、11月に議論をまとめるようです。

一方ドコモは8月からSIM発行手数料として324円徴収するように規約を変更しており、なかなか総務省の思うようにはいっていないようです。

image

[ソース:nikkei]

Pocket

3 thoughts on “総務省 回線料値下げ要請

  1. MVNOの回線品質は混雑時間帯に1Mbps出るか出ないかというところで判断することになってしまっているようで残念です。

    現状は常時3~5Mbps出てほしいと思うとキャリア回線かWiMAX2+になってしまうので、MVNO SIMはいくつか試しましたが順番に全て解約してしまいました。

    • こんにちは。icさん。
      MVNOの料金自体はかなり下がっていると思います。
      逆に価格競争が激しすぎる気もするのですが、今後は通信品質にも力を入れていかないと生き残れないでしょう。
      通信速度を宣伝するならば、せめて混雑時でも10Mbpsでると嬉しいのですが・・・。

Leave a commen

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です